みらいを紡ぐボランティア

ジャーナリスト・浜田哲二と学生によるボランティア活動

青森県深浦町の小さな集落     
青い森の白い神の里から

アクセサリーの販売を開始しました(上)

リボーンアクセサリーとして生まれ変わるガラスたち

下記のURLがアクセサリーの販売ページです。

https://minne.com/@shirakami123

青森県深浦町の小中高校生の女の子たちと一緒に始めた取り組み、「リボーン・アクセサリー」の販売を開始しました。まず、インターネット媒体の「minne(ミンネ)」でスタート。今後は、地元の土産物屋さんやターミナルの売店などでも売りだそうと考えています。

ヘアピン

リボンを模ったアクセサリー

この活動は、少子高齢化に悩む青森県深浦町での地域おこし活動の一環として、数年前から準備を重ねてきました。そして昨年、「深浦町地域の魅力向上支援事業費補助金交付」を受けることになり、高校生を中心とした地域の女の子たちと「青い森の白い神の花工房」というアクセサリーショップを設立しました。

プレゼンテーションした5人の女子高生の自画像イラスト=ちーちゃん作成

まず、高校生たちが、町へプレゼンテーションした、夢と希望を織り込んだ想いを知ってやって下さい。その内容をここへ公開いたします。

スプリングエフェメラルとして名高いキクザキイチゲ。白神山地を代表する春の草花

あおちゃん(リーダー)

✿リボーン・アクセサリーの開発のきっかけについて(あおちゃん)

私たちがリボーン・アクセサリーの開発に取り組むきっかけは、ふるさとの環境と深い関係があります。世界自然遺産・白神山地をのぞみ、西には美しい海岸線が連なる深浦町。ここで育った私たちは、幼いころから自然と親しんで暮らして来ました。ただ、過疎が進んだ深浦には、近くにテーマパークもショッピングモールもありません。それゆえ、友達と遊ぶときは、海辺で夕日を見たり、きれいな貝殻を拾ったりしていました。

深浦町の日本海へ沈む夕日

特に女子に人気があったのが、浜に流れ着くガラスでした。波に洗われ、角が取れ、丸くなったガラスの破片は、「シーグラス」と呼ばれています。私たちはこれを、「ガラス石」と名付け、競って拾い合います。そして、「いったいどこから来たのかな」と海の向こうの外国に想いをはせたり、「いつの時代のどんな人が使っていたのかな」と想像をふくらませたりする、大切な宝物でした。時には、拾ったガラスをビンに詰めたキーホルダーや、額に張ってフォトフレームを作ったりしていました。

海岸でシーグラスを拾うメンバーたち

高校生になって、学校での地域おこしへの取り組みや町の行事のお手伝いをする機会が増えて、深浦町の未来を考えるようになった私たち。自らも地域のために何かできないか知恵を絞り合い、大好きな「シーグラス」を使った特産品の開発に取り組むことにしました。

ガラスの破片を仕分けるメンバーたち

材料の調達から始めて、加工方法の考案、どんな物を作ったら良いのか、デザインはどうするかなど、すべてを皆で話し合って決めます。約一年前から案をねり、試作品を作っては却下されるなど、試行錯誤を続けて来ました。その中で、「シーグラス」だけではなく、家庭から出るワインなどやガラス加工の事業所の廃ガラスなど、ゴミとして捨てられるガラスも利用することになりました。

楽しみながら海岸清掃に励むメンバーたち

製品の総称である「リボーン・アクセサリー」とは、廃棄物をリサイクルして作ったアクセサリーであることから、「生まれ変わらせる」という願いをこめて、私たちが名づけました。英語のR(アール)e(イー)b(ビー)o(オー)r(アール)n(エヌ)、リボーンというスペルを当てはめたのです。

拾ったシーグラス(左)がアクセサリーの原石に

浜辺のシーグラスも、海岸清掃では見過ごされてきたゴミ。これを拾い集め、世界遺産のふもとの町として恥じない、美しい自然環境を取り戻すのと同時に、深浦町の特産品づくりができたらと願っています。そして、地域の女の子たちの輝ける働き場所が創造できるよう、この事業企画へ期待を込めました。

新緑の白神山地

この後、仲間たちが、「事業目的」「販売方法」「白神の生き物を観察する会」などの説明を致します。それぞれ担当を分けているのは、皆で力を合わせてこの活動に臨んでいるからです。実技は、チーム内で最も手先が器用なサキが担当しています。

作成するメンバーたち

宇京さん

❀事業の目的(宇京さん)

リボーン・アクセサリーを製造、販売することは、まず、廃棄物を再利用して生まれ変わらせる、つまり、リボーン=(イコール)生まれ変わらせて、新たな命を吹きこむ活動です。

ガラスを選別するメンバー

日本ジオパークに登録された深浦町の海岸

日本ジオパークにも登録された深浦の美しい海岸線。そこに流れ着いたシーグラスは、一見、きれいで可愛らしいのですが、元を正せばガラスのゴミです。なかでも尖ったものは、海水浴客や漁業関係者らの安全を脅かすことも心配されます。さらに、鳥などの野生動物や海洋生物が餌と間違えて体内に取り込むと、貴重な生態系に重要な影響を与えてしまうのです。

波打ち際に寄せられるハタハタの卵を食べるカモメの仲間

町では、定期的に海岸の清掃を実施されていますが、シーグラスのような小さなガラス片まで除去することは難しく、ほとんどの浜で、砂や砂利に紛れたまま放置されています。

打ち寄せられたゴミで足の踏み場もない海岸。後方には難破船が捨てられていた

私たちは、そこに目を付けました。大人が除去しきれない「小さなゴミ」を自然海岸から取り除くことが、環境にも観光にも優しい取り組みになるからです。そしてアクセサリーに加工し、販売することで、厄介者のガラス・ゴミを貴重な資源に生まれ変わらせることに繋がります。

琉球ガラスを再利用したイヤリング

アクセサリーを作る活動に臨む大学生と高校生

そして、この事業のもう一つの目的です。

作業風景をNHKさんに取材される

深浦町の総人口は9000人足らずで、今から60年前に比べると約6割も減少しています。住民は高齢化し、若者の都会への流出も止まらず、限界集落化が深刻な勢いで進んでいます。

高齢者が目立つ深浦町

それはひとえに、若者たちの心を揺さぶるような働き場所がないことです。特に高校を卒業した女子たちは、役場や第三セクターの宿泊施設などへ若干名、就職できるだけで、ほとんどが首都圏や周辺の都道府県の都市部へ流れ出てしまいます。不定期に、一部の縫製工場や大規模農家なども受け入れて下さいますが、その数はごく僅かです。

データー処理するメンバーたち

そんな現状をなんとか打開できないものかと、地元の女子高生と都会のボランティア大学生らが知恵を出し合って考案したのが、このリボーン・アクセサリー計画。閉塞感が漂う過疎の村の女の子たちが、自らの力で起業し、世界自然遺産の町・深浦の魅力を詰め込んだ環境に優しい商品を発信するのです。

ワインの瓶から作ったピアス

都会の大学生たちと交流する深浦の高校生たち

これは、同じような思いを抱きながら、他の地方で暮らしている女子たちへ、「自分たちも、やればできるんだ」という、勇気と希望を抱いてもらえる企画になるのでは、と期待を込めています。

白神山地の渓流で育つシノリガモのヒナ。人間の子どもたちも元気に巣立ってほしい

アクセサリー作りを取材された深浦町の小学生たち。彼らが次代を紡ぐ

可能ならば、深浦町の特産品として、「ふるさと納税」の返礼品や地元の特産品売り場などで、私たちの考え方やメッセージを添えて、販売することを目指しています。そして、インターネットを通して日本全国へ販売することも視野に入れています。その販売ページへ、リボーン・アクセサリーの理念を掲げるのと共に、環境に優しい町「深浦」のPRも重ねて紹介いたします。(つづく)

白神山地の森で環境保全の活動をする深浦町の子供たち

学生ボランティアのページを作りました

深浦町で実施した森林スタディキャンプで、別れを惜しむ地元の小学生(左)と都会の大学生

長らくご無沙汰してしまって、申し訳ありません。ホームページの内容を見て、嫌がらせをする方が出てきたため、しばらく書き込みを休んでいました。自分たちへの行為だけならいざ知らず、関係者へ迷惑を掛けられることに対策が見い出せなくて、手をこまねいていました。ようやく収まってきたようなので、また、再開いたします。

糸満市の壕の調査をするみらいを紡ぐボランティアのメンバーら

北海道にある沖縄戦戦没者の慰霊碑に、水を手向けるみらボラの学生

さて、書き込みを休んでいた時期に、さまざまな出来事がありました。伊勢親方の急逝。一緒に活動していた学生ボランティア団体との別れ‥、など。辛く、悲しい出来事ばかりが起きました。そして、執筆を担当している私が体調を壊し、難病になってしまいました。交通事故に遭って以来、ずっと不幸なことが続いています。

深浦町役場で活動の説明をする「みらボラ」の学生メンバーたち

深浦町での神事の終わりに草鞋を投げる大学生。一番高い梢に引っかければ良縁が訪れる

でも、お別れした学生団体の中から、私たちを慕って来てくれる子どもたちが何人かおり、その子たちが新しいボランティア組織を立ち上げてくれました。その名は「みらいを紡ぐボランティア」です。自分たちの活動内容や想いを未来へ引き継ぎたい、との発想から生まれたそうです。

みらボラのメンバーが主催した森林スタディ・キャンプで、ペットボトルを再利用したキャンドルナイトを開催した

都会と地元の大学生と地域の方々との交流事業

主に、戦没者の遺骨取集、地域おこし、環境保全などの取り組みを中心に頑張っていきたいと、宣言してくれています。涙が出るほど嬉しい。夫婦二人で続けている遺骨収集や遺留品返還の活動にも飛び込んできて、中心になって支えてくれると張り切っています。あの戦争を次の世代へ引き継ぐ難しさを痛感していた時期なので、この頼もしき学生たちを大いに期待して見守りたいです。

ご遺族へ約70年前のお手紙を返還する活動。学生が朗読する母(左端の遺影)の手紙の内容に涙するご遺族

感極まって涙する学生。でも、報告に澱みはない

よって、このホームページを学生たちにも開放しようと考えています。今までは、夫婦だけで執筆していましたが、今後は若き新しい息吹きが加わります。そして、これを機に、HPを復活させますので、皆さまの新たなご愛顧をお待ちしています。学生メンバーは、都会の大学生が中心ですが、青森県の学生も参加してくれていますので、その声もいずれは届けたいと考えています。

納骨堂でご遺族と一緒に手を合わせる学生たち

お手紙を返したご遺族宅で、戦没者の遺影を手にする甥御さん。涙と笑顔がこぼれる訪問劇

そして、今まで高校生として活動に参加してくれていた子たちが、社会人となって私たちを支えてくれるようになっています。そんなメンバーが新たな取り組みにチャレンジしています。その件も、いずれ公開いたしますので、期待してお待ちください。2018年は完全復活を目指して頑張ります。読者のみなさま、改めてよろしくお願い申し上げます。

戦没者が戦地から送った絵葉書を見る学生たち。切ないけど、かわいい内容に笑顔がこぼれる

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:20回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載20回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載20回目

交通事故に遭って負傷したので、身体に負担がかかる遺骨収集活動は、しばらく休業です。若者の無謀な運転と、不遜な態度のおかげで、体調不良になるわ、活動が滞るわで、最悪です。

獲物を狙って飛び込むアカショウビン

獲物を狙って飛び込むアカショウビン

そのために、遺骨収集関係の写真処理や記事の執筆が進みません。事故処理の手続きに忙殺されているためです。ゆえに、仕方なく、東奥日報「JUNI JUNI」の連載20回目をアップします。

約4日間だけ狙って撮ったアカショウビン。それ以降は撮影ポイントに近づいていない

約4日間だけ狙って撮ったアカショウビン。それ以降は撮影ポイントに近づいていない

この記事の主人公たちも、主役のアカショウビンを除き、けしからん連中です。私たち夫婦は、こうした非常識なカメラマンらを「Neture Paparazzi(ネーチャー・パパラッチ)」と呼んでいます。目に余る行為に耐え兼ねて「マナーの順守」を呼びかけると、自分たちの行為はさておき、狂犬のように咬みついてきます。

ブラインドテントから野鳥の観察をする子供たち

ブラインドテントから野鳥の観察をする子供たち

そして、注意された事を根に持ったのか、陰湿な嫌がらせが今も続いています。きっと、野生動物の生態を守る事より、自らの余暇や趣味の方が大切なのでしょう。世界自然遺産の白神山地で暮らしている自覚は、甚だなさそうです。こうした大人の行動が、子どもたちへの示しがつかないことに、気付かないのでしょうか。いい年をした大人なのに‥。恥ずかしい限りです。

交通事故に遭って、「危機一髪」

大きくへしゃげた軽ワゴン車の後部ドア

大きくへしゃげた軽ワゴン車の後部ドア

本日(23日)午後3時ごろ、那覇市内のモノレール「美栄橋」駅下の交差点で、私たちが乗ったレンタカーの軽ワゴン車が、信号無視の普通トラックに、側面から衝突されました。後部座席の右ドアが「く」の字状にへしゃげ、相手のトラックのサイドミラーが、同窓を突き破って飛び込んできました。あと、十数センチ、約1秒衝突が早ければ、それが、運転していた私に直撃。首の骨が折れるか、顔面や頭部に重篤なケガをしたでしょう。相手側のサイドミラーの一部が折れて、私たちの車の後部座席に転がっており、事故の衝撃の強さを物語っていました。まさに、危機一髪で、直撃した事を考えると、背筋が寒くなる思いです。

相手側のトラック

相手側のトラック

事故の状況です。赤信号で渋滞する交差点の先頭にいたトラックが、青信号で交差点に進入した私に気づかず、信号を完全に無視して発車したのが原因。衝突した途端、「あなた信号無視だったよね」と問いかける私に、動揺して「すみません。気づきませんでした」と放心の表情。トラックの左前部に突っ込まれたままなので、「車を離してください」と言っても、「動きません」とオロオロ。写真を撮ろうと思って、車から降りようとしたら、運転席のドアも開きません。仕方なく、そのまま110番。律子が降りて、代わりに現場写真を撮っていると思ったら、ナンバープレートや相手先の会社名を一生懸命に写している始末。うーん、動揺したのか‥。びっくりしたもんなぁ。

折れて大破した相手側のサイドミラー

折れて大破した相手側のサイドミラー

相手側は、青果などを配送する会社の若い運転手さんです。が、時間の経過とともに、「私の方が青でした。あなたが割り込んできたんですよ」と、わが身を守ろうとするあまりの情けない嘘。トラックは、自分側の信号の停止線を大きく超えて停車しており、その位置から頭上の信号を確認するのは至難の業です。それでも、私が信号無視をしたと主張する始末で、恥ずかしくないのでしょうか。自分の胸もさぞかし傷んでいることでしょう。会社の看板を背負っている業務中に起こした事故なので、嘘がばれた時に被る実害の大きさに、雇い主が気の毒になります。たぶん、周辺にはドライブレコーダーを搭載するタクシーもたくさんいたし、監視カメラもありそうです。それを確認したら一目瞭然。状況説明だけでも、十分論破できるとおもいます。

代車がないので、こんな哀れな姿のまま、継続して借りることに‥

代車がないので、こんな哀れな姿のまま、継続して借りることに‥

いずれにせよ、夫婦ともケガがなくて良かったです。もう少し、発車が遅ければ、私は今、ここにいることは出来なかったでしょう。警察の聴取を受けた後も、水掛け論を主張する若者に、「一歩間違えたら、君は死亡事故の容疑者になっていたんだぞ。相手を慮ったり、謝罪したりする言葉はないのか」と一括すると、「それを言うと私が非を認めたことになる」と応えます。この野郎‥。と、思う間もなく、会社の上司が現場に駆けつけ、開口一番、怪我の有無や無事を確認して下さり、謝罪して下さいました。これで、憤激も鎮火。お互い無事であることを確認し合いながら、握手して別れました。

笑顔で活動に臨む学生たち。彼らの存在も、守ってくれたのかもしれない

笑顔で活動に臨む学生たち。彼らの存在も、守ってくれたのかもしれない

今年は、様々な障壁がある年となりました。車の故障やパソコンの故障‥、今回の事故も。でも、大きなトラブルや事故にならなかったのは、戦没者が守って下さっているのかも知れません。感謝の気持ちと共に、明日からの収集活動に力を注ぎたいと思います。

2016遺骨収集活動27日目 国吉さんと学生の再会

学生たちに説明する国吉親方

学生たちに遺品の説明をする国吉親方

最愛の奥さまを亡くされた遺骨収集家の国吉勇さん。先だって、収集活動の現場へ復帰されましたが、やはりブランクは大きく、休まれる日が目立ちます。

熱心に話を聞く学生

熱心に話を聞く学生

でも、学生が来ると、持ち前の優しさと律義さを出されて、自らが運営する「戦争資料館」の見学を引き受けてくださいました。

遺品の飯盒を見る

遺品の飯盒を見る

沖縄戦を物語る10万点以上の遺留品が所狭しと並ぶ事務所は、あの悲惨な戦争を語り尽くしてくれるような迫力。約70年が過ぎた今も、見る者に戦争の狂気と悲劇を強く感じさせてくれます。

遺留品が所狭しと並ぶ事務所で

遺留品が所狭しと並ぶ事務所で

今回は、IVUSA(国際ボランティア学生協会)の先遣隊のリーダーたちを迎えてくださいました。この資料館を初めて見る学生ばかりなので、皆、一様に驚き、感じ入った様子。

熱心に国吉親方の話を聞く

熱心に国吉親方の話を聞く

明日から始まる活動への想いを新たにしたようでした。17日は約200人の学生が、糸満市国吉集落内で、戦争の語り部である平良宋潤先生から、沖縄戦の体験談を聞き、収集活動に臨みます。

どんな時も笑顔を絶やさない、可愛い学生たち

どんな時も笑顔を絶やさない、可愛い学生たち

学生たちは張り切っていますが、危険が伴う現場なので、十二分に注意して、頑張ってください。君たちの若き力と熱い情熱に期待していますよ。

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:18回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載18回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載18回目

連載の18回目は、今の季節に楽しめる「マタギ」のジビエ料理です。冬季、深い雪に閉ざされる白神山地。その山里で暮らす人々にとっては、山で獲れる野生動物や野鳥の肉が貴重なタンパク源でした。

ふり積んだ雪の森を駆け抜けるウサギ

ふり積んだ雪の森を駆け抜けるウサギ

特に、冬眠をしないウサギは、冬場に安定した収穫量を得られる重要な存在だ、と深浦の「マタギ」伊勢勇一親方も話されます。集団で巻き狩りをすると、参加者のそれぞれの家庭で、「子供たちがお腹いっぱいに食べられるほど獲れた」と懐かしみます。

獲れたウサギの皮をむく親方

獲れたウサギの皮をむく親方

でも近年、巻き狩りが出来るマタギの数も減り、ウサギも思うように手に入らなくなったそうです。同時に、開発などによる個体数の減少や、年間に得られる頭数の制限などで、「ウサギ猟も楽しめなくなったなぁ」と寂しげに語られます。

ウサギ猟をする伊勢親方。雪盲除けのサングラスに白神の森が映る

ウサギ猟をする伊勢親方。雪盲除けのサングラスに白神の森が映る

頭数や猟のできる期間の制限は、ウサギだけでなく、クマやヤマドリなどの野鳥のすべてに適用されています。ゆえに、マタギを本職として生計を立てるのは、まず、不可能なのです。伊勢親方も、ただ、食べるためにだけ獲る、というスタイルで続けて来られました。

雪の山を歩く伊勢親方

銃を背にして、雪の山を歩く伊勢親方

最近は、野生動物による農作物などへの獣害が、中山間地で問題になっています。里山を有効に利用しながら暮らしてきた人間の活動の低下により、獣たちの逆襲が始まっているのです。

巻き狩りで獲ったクマを運搬する深浦のマタギたち

巻き狩りで獲ったクマを運搬する深浦のマタギたち

こんな時代にこそ、マタギの存在が重要になってくるのですが、私たちが暮らす深浦町でも、猟の従事者は高齢化が進み、減少する一方です。人間が生きるために続けてきた狩猟・採集の文化を今こそ、見つめ直す時が来ているように感じます。

ライフル銃でクマを狙う伊勢親方

ライフル銃でクマを狙う伊勢親方

ぐつぐつと湯気を立てるウサギ鍋を食べながら、そんな言い訳を思いつきました。ありがとう伊勢親方。とても美味しかったです。また、獲って来てくださいね。そして、料理もお願いします。だって、可哀想だし、ちょっと怖いんだもの‥(律子)

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:17回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載17回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載17回目

東奥日報の連載17回目です。新年の1回目は、色鮮やかな冬毛で登場したホンドテンです。真っ白な雪に覆われた森の中に佇む姿は、宝石のように美しさ。見かけは可愛いのですが、性質はいたって、どう猛です。

雪の中を駆け回るホンドテン

雪の中を駆け回るホンドテン

最近、忙しくてブログをまったく更新できません。今回も、これだけでお許しください。

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:16回目

連載16回目は、「ゴメ」です

連載16回目は、「ゴメ」です

皆さま、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。2016年最初の書き込みは、東奥日報の連載16回目です。今回は、ハタハタの卵「ブリコ」を食べるカモメ類(地元の通称でゴメ)のお話。

防波堤を占拠するカモメやウミネコたち

防波堤を占拠するカモメ類

乱獲などのために、数を減らしているハタハタの卵は貴重な命の資源です。でも、ブリコと呼ばれる珍味として珍重され、高級食材になっています。その上前を撥ねるのがカモメたちです。

波で打ち寄せられるブリコをくわえる

波で打ち寄せられるブリコをくわえる

でも、カモメこそが、本来の捕食者であり、人間こそが新参な乱獲者でしょう。ただ今回は不漁だったらしく、ご近所からのお裾分けがまったくありませんでした(笑)。資源の保護のためには、それも致し方ないと割り切っています(実は夫婦揃ってあまり好きではないです)。

手に入ると瞬時に飛び去って独り占めに‥

手に入ると瞬時に飛び去って独り占めに‥

ただ、この地方の伝統的な漁業や食文化に密接な繋がりがあるので、地元の方々が自家消費できるぐらいの漁は続いてほしいと思います。昨年末の不漁はカモメたちにも堪えたでしょう。そのうえ悪者にしてゴメンね。

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:15回目

連載15回目はニホンノウサギ

連載15回目はニホンノウサギ

東奥日報「JUNI JUNI」の連載の15回目は、ニホンノウサギです。雪が降ると、特徴的な足跡が残るので、冬場、裏庭のクローバーなどを食べに来ているのが判ります。近所には、半野生の飼い猫やテンが出没するので、ハラハラして見守っていますが、今のところ、やられた痕跡はなさそうです。

林道に姿を見せたニホンノウサギ

林道に姿を見せたニホンノウサギ

特徴的な足跡を雪の上に残して走り去る

特徴的な足跡を雪の上に残して走り去る

カメラに写る風貌はとても愛らしく、夫婦の心は鷲掴みにされてしまいました。保護色のために、夏と冬に毛の色が変わるのもフォトジェニックで、自宅で飼ってみたい、と思うことも。が、夫・哲二は、「鉄板でバター焼きにすると、ワインに合うんだよね。ジュル‥」と舌なめずり。ホントに可愛いと思っているの?

伊勢親方に皮をむかれるウサギ

伊勢親方に皮をむかれるウサギ。貴重な命ですが、親方の料理で美味しく戴きました

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:14回目

東奥日報「Juni Juni」の連載14回目のハクビシン

東奥日報「Juni Juni」の連載14回目のハクビシン

東奥日報「JUNI JUNI」連載14回目はハクビシンです。元々は南方系の生き物とされていましたが、本州北端の青森県にも勢力を広げているようです。ロボットカメラにも、様々な個体が写っており、あちこちの場所で確認されているので、ほぼ間違いなく繁殖しているのでしょう。真冬は見かけませんが、木の洞か土の穴の中で過ごしているのかも知れません。冬眠の有無が判れば大発見なのですが、解明にはまだまだ時間がかかりそうです。