みらいを紡ぐボランティア

ジャーナリスト・浜田哲二と学生によるボランティア活動

青森県深浦町の小さな集落     
「学生」ーみらいを紡ぐボランティア
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

クラウドファンディングにご支援願います

アジア・太平洋戦争の最激戦のひとつだった沖縄戦。

そこで生き残った大隊長(98)へ寄せられた、戦死した部下の家族からの手紙を現代の遺族へ返還する取り組みで、クラウドファンドを実施しています。

大学生たちが日本全国を訪ね歩き、大切な父、兄弟、夫を戦禍に奪われた遺族の苦難の人生を聞き取り、記録する活動への支援をお願いしています。

悲劇を二度と繰り返したくないと願う、若者の取り組みを応援して下さい。

詳しくは、下記のURLから「クラウドファンド」のページをご覧ください。

https://a-port.asahi.com/projects/1962-1103/

手紙返還での大学生の想い④ 梅原あかね

    佐々木さんの消息を知るため、資料館で調査する梅原(右)

こんにちは、中央大学2年の梅原紅音(うめはら あかね)と申します。

私は中学、高校を沖縄で過ごしたことがあり、沖縄戦は自分にとって身近なもので、見過ごせないことです。
今年のゴールデンウィークから活動に参加していますが、8月の北海道での手紙返還は自分の人生の中で最大の衝撃でした。なかでも、沖縄本島南部の糸満市で戦没された、佐々木高喜さんの万年筆をご遺族へお返しできた件は、特筆すべきことになりました。
その報告と感想をお伝えいたします。

ご遺族から手を握られる

あの衝撃的な体験から、はや二か月が過ぎ去ろうとしています。が、時の移ろいとは関係なく、私たちに対峙された佐々木家のご遺族の表情が極めて印象的だったことを、今でも鮮明に覚えています。

 佐々木高喜さんの万年筆

高喜さんの万年筆をお渡しする時、72年前に宛先不明で返却された手紙をお渡しする時、開封される時、読まれている時、私たちが戦況報告をしている時‥。 戦没者の甥にあたる幸雄さんが、目を真っ赤にして、こちらをずっと見つめられていました。そのお顔が、今でも脳裏に焼き付いているのです。

 万年筆を受け取った佐々木幸雄さん(中央)

この一幕で、私には涙が堪えられなくなる瞬間がありました。それは大隊長が、ご遺族に出された手紙の一部を読みあげている時のことです。手紙は、戦死された状況や、戦死現認証明書以外の内容は、どのご遺族の時でも同じ。何度も目を通していたので、その場にいた仲間からも、「なぜ?」と、訝しがられます。率直にいえば、届くことのなかった手紙がご遺族の手によって開封された時、「高喜さんの帰りを待ち続けた方々に本当の戦死報告ができた」と、感極まったからです。

山形のご遺族宅で戦没者の遺影などを見る

そして、手紙を読んでいる時、私は不思議な感覚と想像に苛まれました。それは72年間ずっと封が開けられなかった手紙の中から、過去の情景が蘇って来るように感じたのです。当時の劣悪な環境と、勝てる見込みがない戦場。その鬱蒼と繁るジャングルの中で、一人でも多くの敵を倒そうと駆け回る高喜さん。戦友が毎日、死んでいく中、この万年筆だけでも故郷に帰したいという一心で、暗い壕の中で自らの名を懸命に刻む姿が、目の前に浮かび上がってきました。沖縄のジャングルや気候を肌で感じたことのある私にとって、タイムスリップして自分もその場にいるような感覚に襲われたのです。

奈井江町の郷土資料館でも調査

頭に浮かんだ遣る瀬無い情景から、ふと我に帰った時、ご遺族の手に固く握りしめられている、くだんの万年筆が目に入りました。「あー、高喜さん、お帰りなさい。やっと、やっと、大切な親族の元へ、戻って来ることができたのですね」。鉄の暴風が吹き荒れた73年前の地獄から、戦没者が帰郷した瞬間を目の当たりにできたことが胸中に溢れ、もう涙が止まりません。二の句を告げられないほど、泣きじゃくってしまったのです。

ご遺族宅を歩いて探す

今回は、一つひとつのファクトを積み上げながら、ご遺族へ到達できました。その途中、様々な形で支援して下さった協力者の方々がいなければ、ここまでたどり着くことは出来なかったと思っています。もしかしたら、万年筆に込められた高喜さんの想いが導いてくれたのかもしれません。私には、そう思えてならないのです。

高喜さんが戦地から出された手紙。お返しした万年筆で書かれた文字か

戦争はこの世の中に必要のないものです。負の遺産しか生みません。手紙をお返しできたご遺族も、戦後、貧困と家族を失った喪失感に苦しめられたそうです。そして、新たなご遺族の手紙に目を通すたびに、戦没者たちの「二度と戦争を引き起こしてはならない」という叫びが私の心に響きわたります。これを胸にとめて、できることを精一杯、続けて行きたいです。

佐々木家のご家族と記念撮影

手紙返還での大学生の想い② ジョンソン・マリイ

糸満市の壕で掘り出した遺留品を見る

大学生ボランティアからです。

今回は3年生のジョンソン・マリーの所感です。

マリーは今年2月、初めて遺骨収集を体験し、5月に山形、8月には北海道で手紙の返還を行いました。

今回は北海道での手紙返還で感じた想いを書いてくれました

    ご遺族と握手して別れを惜しむマリー

初めて所感を書きます。
明治大学3年のジョンソンです。私が今夏、担当した手紙の返還について、少し書きたいと思います。
今回は計4家族へ返還するために、北海道を訪ねました。

田中幸八さんの写真を手に農場を訪ねる

広大な北の大地の東端に近い中標津町まで及ぶ旅でしたが、どのご家族も温かく迎え入れてくださいました。
戦没者のご兄弟、甥子さん、お孫さんなど、様々な親族が手紙を受け取って下さり、皆さん、真剣に私達の説明を聞いて、その内容に胸を熱くされていたようです。

   北の大地に伸びる道を歩いて、戦没者のゆかりの場所を探す

ご遺族にお会いする度に、戦争で亡くなった多くの兵士は、一人ひとりが一家の大黒柱であり、大切な親、兄弟、息子であった事に気付かされます。
残っている手紙はまだ300通以上あるので、今後、少しでも多くのご遺族にお届けできれば、と考えています。

戦没者が戦地から家族へ送った手紙を読むマリイ(左)

北海道では、手紙の返還だけでなく、 ご遺族探しも実施しました。
道内出身の戦没者である「田中幸八さん」の妻・田中輝子さんを探し求め、地区の区長さんに話を伺い、図書館などで調べたのですが 、直接的な情報は掴めませんでした。

田中幸八さんが奥さまへ送られた写真とその裏書

輝子さんが書かれた手紙は、とても胸を打つ内容です。ご夫婦には、お子さんが二人いらっしゃるとの事でしたので、何としてもお返したい手紙です。

ご遺族宅で涙ぐむマリイ

暑い夏の沖縄で戦った幸八さんも、雪国である故郷・北海道が恋しくてたまらなかったでしょう。
早くご家族の元に返してあげたいです。
もし知っている情報がございましたら、ご連絡ください。
お待ちしております。

連絡先は、「みらボラ事務局(090-1080-0758)まで。

掘り出した遺骨に手を合わせる

手紙返還での大学生の想い③ 高木乃梨子

戦没者の妻の手紙を朗読する後藤(手前)と高木(その奥)

【遺骨と手紙が語る戦争】

大学4年の高木乃梨子です。今日は私の所感の投稿です‼️
私は2016年度の春から約1年半、遺骨収集と手紙返還活動に参加しています。
今回、私が初めて遺骨収集に参加をし、遺骨や伊藤大隊長の手紙を目にした時の所感について綴りたいと思います。

戦没した父の話をしながら涙ぐむご遺族を見つめる

私には聞かれると複雑な気持ちになる質問があります。

「沖縄出身者でもない、親族に戦争に行った人がいるわけでもない。なぜ高木さんはこの活動を始めたのですか?」

こうした質問は、唯一の被爆国であり、また無謀な戦争を起こした日本の「平和」への考えや活動が、まだまだ多くの人々に浸透していない事を示唆している気がします。

私も、当初は平和について考える事は全くといって良いほどありませんでした。

糸満市の野戦陣地で遺骨収集をする

<戦争を知り、平和について考えるようになったきっかけ>

高校2年生の時、沖縄の平和祈念資料館に行った時、初めて沖縄戦の実態を知りました。

教科書では、多くの人の命を奪った戦争を「歴史」として教えられます。

『沖縄では約20万人亡くなった』

私にとって、こうした記述は暗記すべき数字の羅列に過ぎませんでした。

それが、資料館の映像や遺留品に出会って、初めて戦争を実感したのです。

その実態に、「人間の尊厳がこれほど破壊されることを二度と繰り返されないために、自分が出来ることをしたい」と考えている時、「みらボラ事務局」を務める浜田夫妻と出会いました。

ご遺族にお手紙を手渡す

<大学入学後、遺骨収集ボランティアを開始>

2016年の春、沖縄本島南部の糸満市で、初めて遺骨収集を実施しました。

壕(ガマ)の中の地面を1時間も掘らないうちに、次々と遺骨や遺留品が露わに。

最初に、小石だと思って拾い上げたものが、なんと人の骨だったのです。

唖然としました。

真っ黒に焦げて劣化した戦没者の顎の骨

バラバラに砕け散った状況を見て、浜田さんは「爆弾を投げ込まれて、粉々になったんだね」と一言。

そして、真っ暗に炭化した骨。

「米軍はガマの中に火炎を放射したり、ガソリンを流し込んで火をつけたりしたんだよ」

浜田さんは、いつもより低い声でした。

「馬乗り攻撃」といって、洞窟内に閉じ込めた兵士や民間人らを焼き殺したそうです。

お手紙を書かれた戦没者の奥さまのご仏前で香を手向ける

なんて無残な死に方なんでしょう。
歴史というのは、終わった過去を学ぶものと考えていましたが、ここには73年前の戦争で亡くなった方々の姿がそのまま残っていました。

骨が語る人の命の最期は、ただただ衝撃的でした。

その衝撃が、違う感情に変わったのは、伊東孝一大隊長との出会いでした。

資料を手繰る伊東大隊長に寄り添って

<初めて読んだ戦後の手紙>

遺骨収集に参加した後、大隊長とご遺族がやりとりされた手紙を読みました。

「夫は本当に死んだのでしょうか」

家族の戦死を告げられても、受け入れられない遺族の悲痛な叫びが聞こえてくるようでした。

手紙を全部並べて内容の読み込み作業

そして手紙に同封されていた戦没者の写真。

その姿や名前を見たとき、沖縄のガマの中に散らばる遺骨が思い浮かびました。

私が拾った骨は、誰の大切な人だったのだろうか。

あの遺留品は、誰かの愛する人のものだったんだなぁ。

衝撃は一瞬にして、悲しみに変わりました。

手紙を読むと涙が止まらない

家族の元に帰れなかった兵士、それを迎える事が出来なかった家族。

お互いにどんな思いだったのだろうか…

遺骨と手紙は、私に思いも及ばなかった戦争の姿を想像させました。

 戦没者の3人の息子たちと妻が写った写真。戦地の夫へ送られた

<活動に対する思い>

人間の尊厳を奪われたような死に方をした方々は「お国のために」出征したけれど、戦争が終わった後も誰にも見つけられず、暗いくらいガマや土の中に73年間も眠っています。

家族の元にも帰れなかった遺骨をちゃんと掘り出してあげたい。

戦没者が息子宛てに戦地から送ってきた手紙を読む

手紙に書いてある戦没者の子どもたちは今、どうしているのでしょう、手紙を書いた人は戦後、どのように暮らしたのか、手紙を届けた時に話を聞いてみたい。

そんな思いで、活動へ注力するようになりました。

アジア・太平洋戦争における日本の戦没者数は、約310万人と言われています。

その310万人に家族がいたはずです。

    ご遺族の夫妻と一緒に納骨堂に手を合わせる

教科書の上の数字だけでは、私たちに差し迫ってくる臨場感はありません。
事実ではあるけど、その真実を訴えてくる教えには、ほど遠いように感じます。

なぜ、戦争になったのか。
日本人はどんな被害を受け、また、どんな加害を行なったのか。

事実を積み重ねることで導かれる真実を知ることで、正しい歴史認識を身につけ、二度と悲惨な戦争を引き起こさない決意が大切だと考えています。

伊藤大隊長と遺族がやりとりされた手紙の内容は、戦争が生み出した真実のひとつとして世に伝えるべき事だと考えています。

    戦没者のお墓に手を合わせる

過去にあった戦争の事実から学ぶことを積み重ね、平和な暮らしを守り続けたいです。

より多くの皆さまに遺骨収集の事、手紙の事、遺族が語る戦争の事を伝えるため、活動に励んでまいります。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました

    戦没者の妹さんとそのご家族と一緒に

手紙返還での大学生の想い① 後藤まりあ

   70数年間止まったままの遺品の時計

今回は大学生ボランティアからメッセージです。

遺族のお手紙返還に立ち会い、何を感じたか、またどういう想いで活動しているか、共有したいと思います!

今回は4年生の後藤からのメッセージです。10月8日のお手紙返還の感想です。

    中村さんのお手紙を読む後藤まりあ

改めて中村興次さん、興三郎さんにお手紙を返還することができて良かったです。

興次さんは父・石太郎さんの声だけを覚えていて、興三郎さんは何も覚えていないと話してくださいました。

    ご遺族の話を聞いていても、つい涙ぐんでしまう。優しい感性の持ち主

そんな幼い頃に、石太郎さんが戦没してしまったことを考えると、母・いよさんは辛かっただろうな、と思わずにはいられませんでした。

興次さんも興三郎さんも涙を流しながら、終戦後の暮らしをたくさん語ってくださいました。

    ご遺族の吹く尺八の音色にも堪えきれず‥

なかでも印象に残っているのは、お二人の「祭りが嫌いだ」という言葉です。

父を亡くし、貧しかった日々、青森県人ならば誰もが心湧きたつ「ねぶた祭」を見るのも嫌だった、と振り返られます。

それは、今でも変わらないと。

    ご遺族と手を握り合って別れを惜しむ

その話を聞いたとき、当時の幼い2人がどんな想いを抱いていたのか、どれだけ辛い暮らしをしてきたのかが伝わってきました。

私は泣かずにはいられませんでした。

石太郎さんといよさん、家族みんなで、お祭りに行かせてあげたかったな‥

    ご遺族が見えなくなるまで手を振り続ける

戦争で家族を失ったご遺族は今でも、辛く悲しい想い出を忘れてはいません。

そして、遺骨や遺品は帰って来ないのか、戦没者のどんな情報でもいいから知らせてほしい、と仰られます。

そうした方々のためにできることがあれば、お手伝いしたいと思います。

   戦没者の万年筆と伊東大隊長の手紙を届けてくれたまりあに、手を握ってひれ伏すご遺族ら

私たちの世代が、二度とこのような戦争を引き起こさないためにも、ご遺族の言葉を真摯に受け止め、語り継いで行きます。

   ご遺族のリクエストに応じて記念撮影