みらいを紡ぐボランティア

ジャーナリスト・浜田哲二と学生によるボランティア活動

青森県深浦町の小さな集落     
「学生」ーみらいを紡ぐボランティア
サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

交通事故に遭って、「危機一髪」

大きくへしゃげた軽ワゴン車の後部ドア

大きくへしゃげた軽ワゴン車の後部ドア

本日(23日)午後3時ごろ、那覇市内のモノレール「美栄橋」駅下の交差点で、私たちが乗ったレンタカーの軽ワゴン車が、信号無視の普通トラックに、側面から衝突されました。後部座席の右ドアが「く」の字状にへしゃげ、相手のトラックのサイドミラーが、同窓を突き破って飛び込んできました。あと、十数センチ、約1秒衝突が早ければ、それが、運転していた私に直撃。首の骨が折れるか、顔面や頭部に重篤なケガをしたでしょう。相手側のサイドミラーの一部が折れて、私たちの車の後部座席に転がっており、事故の衝撃の強さを物語っていました。まさに、危機一髪で、直撃した事を考えると、背筋が寒くなる思いです。

相手側のトラック

相手側のトラック

事故の状況です。赤信号で渋滞する交差点の先頭にいたトラックが、青信号で交差点に進入した私に気づかず、信号を完全に無視して発車したのが原因。衝突した途端、「あなた信号無視だったよね」と問いかける私に、動揺して「すみません。気づきませんでした」と放心の表情。トラックの左前部に突っ込まれたままなので、「車を離してください」と言っても、「動きません」とオロオロ。写真を撮ろうと思って、車から降りようとしたら、運転席のドアも開きません。仕方なく、そのまま110番。律子が降りて、代わりに現場写真を撮っていると思ったら、ナンバープレートや相手先の会社名を一生懸命に写している始末。うーん、動揺したのか‥。びっくりしたもんなぁ。

折れて大破した相手側のサイドミラー

折れて大破した相手側のサイドミラー

相手側は、青果などを配送する会社の若い運転手さんです。が、時間の経過とともに、「私の方が青でした。あなたが割り込んできたんですよ」と、わが身を守ろうとするあまりの情けない嘘。トラックは、自分側の信号の停止線を大きく超えて停車しており、その位置から頭上の信号を確認するのは至難の業です。それでも、私が信号無視をしたと主張する始末で、恥ずかしくないのでしょうか。自分の胸もさぞかし傷んでいることでしょう。会社の看板を背負っている業務中に起こした事故なので、嘘がばれた時に被る実害の大きさに、雇い主が気の毒になります。たぶん、周辺にはドライブレコーダーを搭載するタクシーもたくさんいたし、監視カメラもありそうです。それを確認したら一目瞭然。状況説明だけでも、十分論破できるとおもいます。

代車がないので、こんな哀れな姿のまま、継続して借りることに‥

代車がないので、こんな哀れな姿のまま、継続して借りることに‥

いずれにせよ、夫婦ともケガがなくて良かったです。もう少し、発車が遅ければ、私は今、ここにいることは出来なかったでしょう。警察の聴取を受けた後も、水掛け論を主張する若者に、「一歩間違えたら、君は死亡事故の容疑者になっていたんだぞ。相手を慮ったり、謝罪したりする言葉はないのか」と一括すると、「それを言うと私が非を認めたことになる」と応えます。この野郎‥。と、思う間もなく、会社の上司が現場に駆けつけ、開口一番、怪我の有無や無事を確認して下さり、謝罪して下さいました。これで、憤激も鎮火。お互い無事であることを確認し合いながら、握手して別れました。

笑顔で活動に臨む学生たち。彼らの存在も、守ってくれたのかもしれない

笑顔で活動に臨む学生たち。彼らの存在も、守ってくれたのかもしれない

今年は、様々な障壁がある年となりました。車の故障やパソコンの故障‥、今回の事故も。でも、大きなトラブルや事故にならなかったのは、戦没者が守って下さっているのかも知れません。感謝の気持ちと共に、明日からの収集活動に力を注ぎたいと思います。

2016遺骨収集活動27日目 国吉さんと学生の再会

学生たちに説明する国吉親方

学生たちに遺品の説明をする国吉親方

最愛の奥さまを亡くされた遺骨収集家の国吉勇さん。先だって、収集活動の現場へ復帰されましたが、やはりブランクは大きく、休まれる日が目立ちます。

熱心に話を聞く学生

熱心に話を聞く学生

でも、学生が来ると、持ち前の優しさと律義さを出されて、自らが運営する「戦争資料館」の見学を引き受けてくださいました。

遺品の飯盒を見る

遺品の飯盒を見る

沖縄戦を物語る10万点以上の遺留品が所狭しと並ぶ事務所は、あの悲惨な戦争を語り尽くしてくれるような迫力。約70年が過ぎた今も、見る者に戦争の狂気と悲劇を強く感じさせてくれます。

遺留品が所狭しと並ぶ事務所で

遺留品が所狭しと並ぶ事務所で

今回は、IVUSA(国際ボランティア学生協会)の先遣隊のリーダーたちを迎えてくださいました。この資料館を初めて見る学生ばかりなので、皆、一様に驚き、感じ入った様子。

熱心に国吉親方の話を聞く

熱心に国吉親方の話を聞く

明日から始まる活動への想いを新たにしたようでした。17日は約200人の学生が、糸満市国吉集落内で、戦争の語り部である平良宋潤先生から、沖縄戦の体験談を聞き、収集活動に臨みます。

どんな時も笑顔を絶やさない、可愛い学生たち

どんな時も笑顔を絶やさない、可愛い学生たち

学生たちは張り切っていますが、危険が伴う現場なので、十二分に注意して、頑張ってください。君たちの若き力と熱い情熱に期待していますよ。

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:18回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載18回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載18回目

連載の18回目は、今の季節に楽しめる「マタギ」のジビエ料理です。冬季、深い雪に閉ざされる白神山地。その山里で暮らす人々にとっては、山で獲れる野生動物や野鳥の肉が貴重なタンパク源でした。

ふり積んだ雪の森を駆け抜けるウサギ

ふり積んだ雪の森を駆け抜けるウサギ

特に、冬眠をしないウサギは、冬場に安定した収穫量を得られる重要な存在だ、と深浦の「マタギ」伊勢勇一親方も話されます。集団で巻き狩りをすると、参加者のそれぞれの家庭で、「子供たちがお腹いっぱいに食べられるほど獲れた」と懐かしみます。

獲れたウサギの皮をむく親方

獲れたウサギの皮をむく親方

でも近年、巻き狩りが出来るマタギの数も減り、ウサギも思うように手に入らなくなったそうです。同時に、開発などによる個体数の減少や、年間に得られる頭数の制限などで、「ウサギ猟も楽しめなくなったなぁ」と寂しげに語られます。

ウサギ猟をする伊勢親方。雪盲除けのサングラスに白神の森が映る

ウサギ猟をする伊勢親方。雪盲除けのサングラスに白神の森が映る

頭数や猟のできる期間の制限は、ウサギだけでなく、クマやヤマドリなどの野鳥のすべてに適用されています。ゆえに、マタギを本職として生計を立てるのは、まず、不可能なのです。伊勢親方も、ただ、食べるためにだけ獲る、というスタイルで続けて来られました。

雪の山を歩く伊勢親方

銃を背にして、雪の山を歩く伊勢親方

最近は、野生動物による農作物などへの獣害が、中山間地で問題になっています。里山を有効に利用しながら暮らしてきた人間の活動の低下により、獣たちの逆襲が始まっているのです。

巻き狩りで獲ったクマを運搬する深浦のマタギたち

巻き狩りで獲ったクマを運搬する深浦のマタギたち

こんな時代にこそ、マタギの存在が重要になってくるのですが、私たちが暮らす深浦町でも、猟の従事者は高齢化が進み、減少する一方です。人間が生きるために続けてきた狩猟・採集の文化を今こそ、見つめ直す時が来ているように感じます。

ライフル銃でクマを狙う伊勢親方

ライフル銃でクマを狙う伊勢親方

ぐつぐつと湯気を立てるウサギ鍋を食べながら、そんな言い訳を思いつきました。ありがとう伊勢親方。とても美味しかったです。また、獲って来てくださいね。そして、料理もお願いします。だって、可哀想だし、ちょっと怖いんだもの‥(律子)

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:17回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載17回目

東奥日報「JUNI JUNI」の連載17回目

東奥日報の連載17回目です。新年の1回目は、色鮮やかな冬毛で登場したホンドテンです。真っ白な雪に覆われた森の中に佇む姿は、宝石のように美しさ。見かけは可愛いのですが、性質はいたって、どう猛です。

雪の中を駆け回るホンドテン

雪の中を駆け回るホンドテン

最近、忙しくてブログをまったく更新できません。今回も、これだけでお許しください。

東奥日報「JUNI JUNI」の連載:16回目

連載16回目は、「ゴメ」です

連載16回目は、「ゴメ」です

皆さま、新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。2016年最初の書き込みは、東奥日報の連載16回目です。今回は、ハタハタの卵「ブリコ」を食べるカモメ類(地元の通称でゴメ)のお話。

防波堤を占拠するカモメやウミネコたち

防波堤を占拠するカモメ類

乱獲などのために、数を減らしているハタハタの卵は貴重な命の資源です。でも、ブリコと呼ばれる珍味として珍重され、高級食材になっています。その上前を撥ねるのがカモメたちです。

波で打ち寄せられるブリコをくわえる

波で打ち寄せられるブリコをくわえる

でも、カモメこそが、本来の捕食者であり、人間こそが新参な乱獲者でしょう。ただ今回は不漁だったらしく、ご近所からのお裾分けがまったくありませんでした(笑)。資源の保護のためには、それも致し方ないと割り切っています(実は夫婦揃ってあまり好きではないです)。

手に入ると瞬時に飛び去って独り占めに‥

手に入ると瞬時に飛び去って独り占めに‥

ただ、この地方の伝統的な漁業や食文化に密接な繋がりがあるので、地元の方々が自家消費できるぐらいの漁は続いてほしいと思います。昨年末の不漁はカモメたちにも堪えたでしょう。そのうえ悪者にしてゴメンね。