みらいを紡ぐボランティア

ジャーナリスト・浜田哲二と学生によるボランティア活動

青森県深浦町の小さな集落     
●2014年遺骨収集9日目 その目は何を見上げていたか

2014年遺骨収集9日目 その目は何を見たのか

サンゴ石灰岩が混じった土に埋もれていた戦没者の頭骨。目の部分から根っ子が出ていた

サンゴ石灰岩が混じった土に埋もれていた戦没者の頭骨。目の部分から根が出ていた

遺骨収集活動も9日間が過ぎました。収集する時間より、その他の用事が目白押しで、まともな活動も、書き込みも、なかなかできません。そんな中、糸満市真栄里集落の裏山で、戦没者の遺骨を発見しました。沖縄戦の末期、このあたりは真栄里高地と呼ばれ、南下してくる米軍を迎え撃つ旧日本軍兵士が、死守していた場所だそうです。

出土した戦没者の頭骨を手にする国吉勇さん

出土した戦没者の頭骨を手にする国吉勇さん

野戦病院壕の出入り口付近にある壊れたトーチカ跡。崩れた岩の間の地面に、半分埋もれるような形で頭蓋骨が露出していました。終戦から69年、これだけ完全に残っている頭骨の出土は珍しいです。一緒に発掘した遺骨収集家・国吉勇さんも、「驚いたねぇ。長い事、誰にも見つからずに、この姿で空を見上げていたんだな‥。でも、良かったよ、出て来れて」と、感無量の声。

周りを掘ってやると、きれいに取りだせた

周りを掘ってやると、きれいに取りだせた

現在も収骨中ですが、骨の部位からすると、ほぼ3人分ぐらいだと推定されます。ただ、この場所は、古い沖縄のお墓だった可能性も有り、埋葬骨と思われる骨もパラパラと出ています。何人分、と私たちは特定できませんが、1体、もしくは2体分の戦没者の遺骨がありそうです。

骨を崩さないように労わりながら掘り進める筆者①の律子

「長い事お待たせしてごめんなさい‥」。骨を崩さないように、いたわりながら掘り進める

この場所は、沖縄戦末期の1945年6月、南下してくる米海兵隊と旧日本軍の歩兵第32連隊が激戦を繰り返した高台で、両軍ともに数多くの戦死傷者が出ています。そこにあった野戦病院を守ろうとした兵士の遺骨かも知れません。ただ、頭骨も鎖骨も、やや小ぶりなことから、もしかすると学徒兵の可能性もありそうです。正式に鑑定して戴かないと、何とも言えませんが、69年ぶりに出会えたその顔は、少し優しげな輪郭に見えました。

戦没者の頭骨があったトーチカ跡。刳れ落ちていた岩を退けると、畳2畳分ぐらいの空間ができた

戦没者の頭骨があったトーチカ跡。刳れ落ちていた岩を退けると、畳2畳分ぐらいの空間ができた

これからは、この戦没者らの遺留品を探す作業です。大岩を退け、堆積した土を掘り起こし、岩の隙間なども隈なくのぞきこみます。身元の分かるものが見つかれば、ご遺族へお返しできるからです。何とか、出て来て欲しい、と祈りながら、作業を続けています。明日もまた、この場所で「Recovery」を続けます。

約2日間で掘り出した戦没者の遺骨。少し未発達な骨も混ざっていた

約2日間で掘り出した戦没者の遺骨。少し未発達な骨も混ざっていた

最近は、体調不良が続き、身辺にも様々なトラブルが湧き起こっています。でも、地獄だった戦場で亡くなった後、69年間も放置されていた方々に比べると、たいした苦労ではありません。全身筋肉痛になった体に鞭打ちながら、「さぁ、明日も頑張ろう」と、夫婦で励まし合っています。こうして、私たちの元に出て来てくれるだけで、嬉しくて、発掘と同時に涙がこぼれそうになります。最後の一人を収骨するまでは諦めない、を目標に、歩んでゆくつもりです。応援してください。