みらいを紡ぐボランティア

ジャーナリスト・浜田哲二と学生によるボランティア活動

青森県深浦町の小さな集落     
「追跡」に薪の準備を開始の後編を書き込みました

「追跡」に薪の準備を開始の後編を書き込みました

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドイツ製の斧。ヘッドが2kgほどの重さで軽量だが、太い木でも簡単に割ることができる

ドイツ製の斧。ヘッドが2kgほどの重さで軽量だが、太い木でも簡単に割ることができる

前編に続き、薪割り作業の後編を「追跡」で紹介しています。

青森県西津軽地方は、真夏を思わせるような連日の猛暑で、炎天下で作業する薪割りは、悪夢のようでした。

斧を振り下ろすと、二つに割れて飛ぶ薪

斧を振り下ろすと、二つに割れて飛ぶ薪

でも、延べ3日間で、今年の冬を越せる燃料の準備は整いました。

作業終了と同時に、待望の雨が降り、すべてのタイミングがうまく合って、ホッとしています。

すべて終了。整然と積み上がって乾くのを待つ薪

すべて終了。整然と積み上がって乾くのを待つ薪

今年は、地元の共有林の伐採にも、参加しようかと考えており、初めて山の中の木を切る体験ができそうです。

木屑の切り子をブラシで掃除する。すごく熱心に

木屑の切り子をブラシで掃除する。すごく熱心に

地域の人たちが、厳しい冬を越すために続けてきた作業をじっくり見ることができるので、それも楽しみです。

チェーンソーの刃こぼれをチェック。刃先も丹念に研ぎ上げる

チェーンソーの刃こぼれをチェック。刃先も丹念に研ぎ上げる

いずれまた、報告したいと考えています。

« »

コメント

  • ヨッチャンイカ より:

    お疲れ様でした(´Д` )
    なんか、浜田さんのヨロコビが伝わってくるお写真でした笑
    秋にうかがうときにはストーブに火がはいってますでしょうか…。
    あと、先日は本当に失礼いたしました。・゜・(ノД`)・゜・。
    その後、また職場飲みで暴食した際、同じ症状がでました。
    次からは気をつけます…。でも美味しいからまたやるような気もします…。

    • hamatetsu より:

      ヨッチャンイカさま

      斧を振り回すと原始の血が騒ぐのか、夫は薪割り大好きみたいです。
      まだまだ素人ですが、年々、ドンコロに弾き返される頻度が少なくなっています。
      少しずつ、上手くなっているのかな?と思います。
      人間、いくつになっても、日々精進が肝要ですね。

      最後になりましたが、お身体、お大事に。

      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください