青森県深浦町の小さな集落     
●シノリガモ②

白神山地の生き物たち「シノリガモ」②

白い泡が沸き立つ急流で、お母さんと泳ぐヒナたち=深浦町で

白い泡が沸き立つ急流で、お母さんと泳ぐヒナたち=深浦町で

小さな岩を登るのも一苦労。生後、5~6日ぐらいか

小さな岩を登るのも一苦労。生後、5~6日目ぐらいか

シノリガモの子育てが、本格化しています。6月20日前後にヒナが川面に登場。7月13日現在で、2群れで計12羽のヒナがそれぞれのお母さんに連れられて、小滝や激流の中をスイスイと泳ぎまわっています。本日、青森県の地方紙・東奥日報に、夫の撮影した写真付きで、社会面トップの記事で紹介されました。

岩の上でひと休み。お母さんに寄り添って過ごす

岩の上でひと休み。お母さんに寄り添って過ごす

川面に降りる時も、皆でそろって一列に。必ずお母さんの後を追う

川面に降りる時も、皆でそろって一列に。必ずお母さんの後を追う

一昨年の春、散歩していた河原で何気に見かけた水鳥の夫婦。仲睦まじく岩の上で休んでいる姿が気になって調べると、なんと「絶滅が心配される地域個体群」のシノリガモでした。最初の年は子育てまで確認できませんでしたが、昨年は3羽のヒナが無事に育って行きました。成長の途中に、カラスやハヤブサなどに襲われて、全滅してしまった群れもありましたが、6~7年前から地域のお年寄りたちが、ヒナを引き連れた母鳥を毎年のように確認しており、この場所で確実に子育てを継続しているようです。

激流も何のその。お母さんの後を一生懸命追いかけます

激流もなんのその。お母さんの後を一生懸命追いかけます

泳ぎ疲れたら競うように小岩に登る。後姿が羽根のないペンギンみたい

泳ぎ疲れたら競うように小岩に登る。後姿がペンギンみたい

ただ、シノリガモといえば、人里離れた山奥の渓流でしか繁殖しない鳥とされています。が、その概念を覆すような発見の連続です。まわりが人工的な縁石で護岸された急流やコンクリートの堰堤があっても、まったく嫌がるそぶりはありません。護岸についた藻などを嘴で削ぎ取るように食べる姿も見られます。

岩の間に隠れていると、見事な保護色で石と区別がつかない。これで上空から来る敵を躱す

岩の隙間に隠れていると、見事な保護色で石と区別がつかない。これで上空から来襲する天敵を躱す

岩の上で休み姿がシュール。蓑を被った案山子のよう

休む姿がシュール。蓑を被った案山子のよう

また、川の左右には、地域のお年寄りたちが小さな畑を作っており、カモの子育て時期の春先から夏にかけては、作物を育てる繁忙期と重なります。時には、ヒナを連れて川面を泳ぐ母鳥の横を、肥料などを積んだ一輪車を押すお爺ちゃんが通りかかります。でも、少し脇によけて遠ざかる程度で、ほとんど気にしていない様子。立ち止まって見つめると、慌ててスピードを上げて泳ぎだしますが、毎朝のように畑で見かけるお年寄りの姿は覚えているかのようで、まったく動じる様子はありません。

お母さんのお腹の下で眠る。ここが一番安全

お母さんのお腹の下で眠る。ここが一番安全

子育ての疲れで、お母さんは岩の上でウトウトと。ヒナたちは元気なキョロキョロ

子育ての疲れで、お母さんは岩の上でウトウト‥。でも、ヒナたちは元気にキョロキョロ

お年寄りたちも、「可愛いカモの子っこがいるべ」と目を細めて見守ってこられました。それが、絶滅危惧のシンリガモだとお知らせすると、「ずっと、オシドリだと思っていたびょん。んだば、大事にしてやらねばね」と、深々と頷いてくださります。先日も、ハシブトガラスが、ヒナと同じ模様の小柄なお母さんを襲って、連れさろうとしました。

とっても仲良しの2羽。小岩の上で仲良く寄り添う

とっても仲良しの2羽。小岩の上で身体を寄せ合う

けど、退屈だからちょっとおイタも。嘴で咥えちゃえ!

けど、退屈だからちょっとおイタも。嘴を咥えちゃえ!

が、それを目撃していたご夫婦が、石を投げながら大声を上げて追い払ってくれたそうです。それ以来、カラスが川の近くに来てシノリガモに狙いをつけると、皆が横目で見張りながら畑仕事をするようになったといいます。畑の行きかえりに出会うと、「今日もカモっ子は無事だったべ。6羽で泳いでいたよ」と報告してくださいます。

この川はキセキレイの縄張り。岩の上でヒナを呼ぶ親鳥

この川はキセキレイの縄張り。岩の上でヒナを呼ぶ親鳥

セキレイも煩いし、十分休んだし、んじゃ、行くかな。それっ!

キセキレイも煩いし、十分休んだし、んじゃ、行くかな。それっ!

希少で愛らしい姿のおかげで、集落のマスコット的な存在になっているシノリガモ。大切にされている要因がもう一つあります。この地域に住んでいる三人の小学6年生の女子児童たちが、毎週のように観察会を開いて調査を続けているからです。昨年の秋から、炎天下も吹雪の中も、ものともせずに、海辺や川面に降りて、水温や風速、水の濁り、天敵の存在、餌となる水生昆虫などを調べています。彼女たちの熱心な姿が、皆の心を動かしています。その内容は第3部で報告いたします。

川面に垂れ下がったお花の下を泳ぐ

川面に垂れ下がったお花の下を泳ぐ

皆んなで仲良く巣立ってね
皆んなで仲良く巣立ってね