青森県深浦町の小さな集落     
●深浦町の「マタギ」伊勢親方⑨-紅葉とナメコの季節が到来

深浦町の「マタギ」伊勢親方⑨-紅葉とナメコの季節が到来

向白神岳の頂上付近から降りてきている紅葉。間もなくピークを迎える=深浦町で

向白神岳の頂上付近から降りてきている紅葉。間もなくピークを迎える=深浦町で

白神山地に今年も、紅葉のシーズンが到来しました。南海上にある台風の存在が気になりますが、日本海側は避けて進む可能性が高く、強い雨や風がなければ、とても楽しめそうです。昨日、見に行くと、向白神岳は全山が紅葉し、頂上付近はもう終焉を迎えています。そして、赤と黄のコントラストに彩られた山のラインが、どんどん麓に移りつつあるようです。

クマが登った爪痕が無数に残るブナの巨木。まだ、葉には緑が残り、黄葉していない

クマが登った爪痕が無数に残るブナの巨木。まだ、葉には緑が残り、黄葉していない

きれいなナメコを前に笑顔を見せる伊勢親方

形の揃ったきれいなナメコを前に笑顔を見せる伊勢親方

今の盛りは、繁らせた葉をまっ黄色に染めあげたカツラ。何本もの幹が一塊になっている重厚な樹木で、春先には枝に赤い花を咲かせます。そのカツラが立ち並ぶ、麓の森を抜けて、深浦町の「マタギ」伊勢勇一親方と、紅葉シーズンのもう一つの華、ナメコ採りに行きました。

ブナの朽木に発生したナメコ。しっとり濡れて、輝いていた

ブナの朽木に発生したナメコ。しっとり濡れて、輝いていた

ブナの倒木に発生したナメコ

ブナの倒木に発生したナメコ

まだ、緑が混じるブナの木が立ち並ぶ台地が、親方のナメコの採集場。約50~60度はある急斜面を、下生えの草木を手で掴みながら、反動をつけて登って行きます。ほとんど垂直の壁に近いような斜面ですが、親方がクマの巻狩りの時に、よく上った場所だと言います。

急斜面を登りきると、ブナ林が広がる台地へ出る。そこがナメコを採る場であり、クマを巻狩りする重要な森だ

急斜面を登りきると、ブナ林が広がる台地へ出る。そこが親方のナメコを採る場であり、クマを巻狩りする重要な森だ

渓流を渡ってくる親方

渓流を渡ってくる伊勢親方

そんな急斜面を150㍍ほど上がったところが、なだらかな傾斜の台地になっており、そこが世界自然遺産「白神山地」が誇るブナの原生林です。コア地域やバッファゾーンとして、保存されている場所以外にも、こんな素晴らしいブナの森が、あちこちに点在しています。

サワグルミに発生した形の揃ったナメコを収穫する伊勢親方

サワグルミに発生したナメコを収穫する伊勢親方

リックサックに入り切らないほど採れることもある

リックサックに入り切らないほど採れることもある

ナメコは、こうしたブナ林の中にある倒木や落ちた枝に、よく発生します。スーパーマーケットなどで売られている小指の先程の小さな物ではなく、傘が開いたら、シイタケのようなサイズになる天然物。味も香りも、スーパーの養殖ものとは、比べ物にならないぐらい濃厚で、破格の美味しさです。この時期、麓のキノコ好きが目の色を変えて追いかける食菌と言われています。

アワビ茸と見られる幼菌。美味しいキノコだ

アワビ茸と見られる幼菌。美味しいキノコだ

サルノコシカケの仲間。食べられそうになり

朽ちた枝に群生するサルノコシカケの仲間。ブナハリダケに似ているが食べられそうにない

遊んでばかりいるように見える私たちですが、今回のナメコ狩りは、今月末から、白神を訪ねて下さる友人たちを、山へ案内する前の「下見」を兼ねています。まさに、遠路遥々来てくれる、友であるお客さんを接待する重要なミッションなのです。最近は、小学校や高校などで講演を開いたり、子供たちのフィールド授業に同行したりすることが増え、親方も私らも超多忙な日々を送っています。

まだ緑が残るブナの林で一服する伊勢親方

まだ緑が残るブナの林で一服する伊勢親方

薪にする山の木の伐り出す作業を放置したまま、キノコ採りへ出てきてしまったので、山積みに残っている仕事の事を思うと、気が重いどころか、どこかへ逃げ出したくなります。でも、この時期、ナメコを採りに行かずして、何のための白神暮らしでしょうか。親方共々、後先の事は何も考えないことにすると、自然と足は山へ向いてしまいます(笑)。

キラキラ輝くナメコ。触るとヌルっとしている

キラキラ輝くナメコ。触るとヌルっとしている

キツツキが突っついた痕の穴に発生するナメコ

キツツキが突っついた痕の穴に発生するナメコ

「おー、今年は異常な年だ。まだ、台風が来ているもんなぁ。この町でも、大きな災害が起こらなければいいが‥」と、親方。先の台風で、伊豆大島で発生した土石流被害のような天災が、深浦にも飛び火することを心配されています。確かに、紅葉も始まったかと思えば、あっという間に麓近くまで、進んできています。スタートは例年並みだったのですが、このままだと今月中には見頃を終えてしまうかも知れません。

向白神岳の麓で、森の様子を話す伊勢親方

向白神岳の麓で、森の様子を話す伊勢親方

訪ねて来て下さる皆さま。もしかしたら、紅葉の一番のピークを外してしまったかも知れません。時期を読み違えた事、心よりお詫びいたします。でも、キノコは大丈夫だと思います。ナメコはもしかしたら、豊作かも。美味しいナメコのお鍋と、サプライズの素材を用意してお待ちしていますので、道中無事にお越しください。

きれいな形の発生したナメコを収穫する伊勢親方

きれいな形の発生したナメコを収穫する伊勢親方

カッターナイフを使って丁寧に切り取ってゆく。表面の皮を引き剥がさないようにすれば、調理もしやすいし、来年にキノコが生えてくる

カッターナイフを使って丁寧に切り取ってゆく。木の表面の皮を引き剥がさないようにすれば、また来年、生えてくる

この日の収穫は、ナメコがコンビニのビニール袋を満杯にして四袋。ムキタケ一袋。ナラタケ一袋でした。来られる皆さまのために、よーく水洗いして、マイナス60度の冷凍庫で凍らせてあります。これで保存すると、3年過ぎても新鮮な味を楽しめます。当然、日本海のお魚も用意してありますよ。再会できるのが、心より楽しみです。

直径1㍍は越えるブナの倒木にナメコが出ていた。少し、収穫するのが遅かったので形が悪い、

直径1㍍は越えるブナの倒木にナメコが出ていた。少し、収穫するのが遅かったので形が悪い、