みらいを紡ぐボランティア

ジャーナリスト・浜田哲二と学生によるボランティア活動

青森県深浦町の小さな集落     
●新春の集い

深浦町の新春町民放談の集いで講演しました

今年は白神山地が世界自然遺産に指定されて20年になります。その節目の年に、遺産地域の主要部分を占める深浦町で開催された「新春の集い」で講演をいたしました。町に対する提言という形で、白神山地の自然と生活文化を次代を担う子供たちへ伝えたい、という表題で、約80枚の野生動物などの写真を紹介しながらお話しさせて戴きました=写真下、町民ホールで開催された深浦町の新春のつどい

新春放談hp

100人以上の町民や関係者の方々が集まって下さり、吉田満町長による年頭の挨拶のあと、夫が写真をプロジェクターで再生し、私がお話するという形で実施。人前で話すのは十数年ぶりなので、年甲斐もなくドキドキしましたが、講演後に来場者の方々から、「良かったよ」とお褒めの言葉をいただき、ホッとしています。昨年末、2期目の当選を果たされた若い町長が、生き物の写真を通して私たちの仕事に注目して下さり、白羽の矢が立ちました。町への想いを熱く語りながら実務に取り組まれる実直な方で、「白神の自然と生活文化を子どもたちへ伝える橋渡しがしたい」という、私たちの活動に理解を示して下さいました=写真下、来場者の席を一人ひとり訪ねて話し込まれる吉田町長(左から二人目)

町長と②hp

若者の都会への流出などで過疎が進み、限界集落化が進む深浦町ですが、自然遺産の森を守りながら地域活性を進めたいとする町民の意志が、心熱き町長を通して伝わってくる集いでした。私たちも白神の自然とそこで暮らす人々の生活文化を取材し、情報発信していきますので、今後ともよろしくお願いいたします=写真下、深浦町賛歌を合唱するコーラスの女性たち

合唱hp 海岸線に民家が立ち並ぶ旧岩崎村の集落写真下平成の大合併で深浦町に併合されました。ブナの森がもたらす豊穣な自然の恵は、キノコや山菜などの山の幸だけでなく、身が引き締まった日本海の魚貝類も食卓に届けてくれます。縄文時代から人が暮らしていた痕跡が残っており、今も鏃(やじり)や手斧などの石器が、畑仕事などをしていると出土します。湯量が豊富な温泉もあり、保養するには最適な観光地です。ここに移住して来て、心休まる日々を送っています。

⑲伊勢さんの住む街hp