みらいを紡ぐボランティア

ジャーナリスト・浜田哲二と学生によるボランティア活動

青森県深浦町の小さな集落     
●屋久島との交流第一弾~笑顔は1400㎞を越えて

屋久島との交流第一弾~笑顔は1400㎞を越えて

地元紙の東奥日報に11月18日掲載されました(インターネット電話):http://www.47news.jp/localnews/aomori/2013/11/post_20131118211539.html

同じく東奥日報に11月26日掲載されました(町長に表敬):http://www.47news.jp/localnews/aomori/2013/11/post_20131126121610.html 

屋久島の子供達との交流会で、事前交流として実施したスカイプの授業=深浦町の町立いわさき小学校で

屋久島の子供達との交流会で、事前交流として実施したスカイプの授業=深浦町の町立いわさき小学校で

私たちの屋久島行きも、間近に迫ってきました。現地で発表する子供たちとのシノリガモ研究の講演会の練習や、後援して下さる深浦町の行政関係者との打ち合わせで、毎日、目が回るような忙しさです。

相手はどんな人たちなの?。楽しみだけど、少し不安‥

相手はどんな人たちなの?。楽しみだけど、少し不安‥

「何よ、浜田さん。そんなアップで撮らないで(笑)」。緊張しながらも、満面の可愛い笑顔

何よ、浜田さん。そんなアップで撮らないで(笑)。緊張しながらも、満面の可愛い笑顔

そんな中、世界自然遺産の交流プログラムの第一弾として、町立いわさき小学校と屋久島町立八幡小学校の6年生が、インターネット電話のスカイプを使った授業を実施。白神と屋久島、直線距離で約1400キロも離れた北と南の子供たちが、お互いの顔を確認し合いながら、自己紹介やふる里の自慢を通して、親睦を深めました。

テレビとビデオカメラ(手前)の前で、相手側と繋がるのを待つ

テレビとビデオカメラ(手前)の前で、相手側と繋がるのを待つ

あ、映った。何人いるのだろう?。左で操作するのは校長先生

あ、映った。何人いるのだろう?。左で操作するのは柳澤校長先生

いわさき小学校では、スカイプを使った授業は初めて。子供たちは、「屋久島って、暖かいの」、「どんな子がいるのかな。仲良くなりたいな」と、ワクワクしながらパソコンにつないだテレビの前で、八幡小学校からのコールを待ちます。そして、向こうの教室が映し出されると、「わぁー、来たぁ!」「こんにちは!」と、手を振りながらの大歓声がわき起こりました。

少し緊張するけど、みんなと一緒だから平気。もっと、顔とかが映らないかな

少し緊張するけど、みんなと一緒だから平気。もっと、顔とかが映らないかな

最初は、一人ずつカメラの前で自己紹介しながら、屋久島のことを質問します。屋久島では、気温が25度近くもあること。海には、見たこともない、シイラやオジサン、ツノダシなどの魚がいること。タンカンという美味しいミカンが獲れること‥。相手側の児童がフリップを手にしながら話す内容を食い入るように見ながら、聞き入っています。

あ、アップになったよ。わぁ、この人少しカッコイイね。

あ、アップになった。あっ、この人少しカッコイイね

「もう1回、魚の名前を教えてください」、「こんなお店はありますか」、「屋久島でも、○○ゲーム流行ってますか」。打ち解けてくれば、普段、いわさき小の仲間と話し合ているような内容も、次々と質問します。「ねぇ、この人、ちょっとカッコイイね!」、「え、好みのタイプなの?」、「きゃー、恥ずかしい!」。こらこら‥。

さぁ、白神側の自然を説明するぞ。これがシノリガモです

さぁ、白神側の自然を説明するぞ。これがシノリガモです

深浦からあまり出たことのない子供たちには、びっくりすることばかりだったようです。こちらからは、もう初雪が降り、コートやマフラー姿で通学していることや、白神山地の動物たちの紹介などをしました。

相手側にクイズも出しました。「ブッブー。正解は3番です」

相手側にクイズも出しました。「ブッブー」、正解は3番です

すっかり打ち解けた子供たちは、ご当地の津軽弁も披露。『「わ」=私、「けやぐ」=友達、「わらはんど」=子供』など、次々と繰り出されるネイティブなお国言葉に、お互いの笑顔が弾けます。そして最後は、『「へばな!」=さようなら』の大合唱と最高の笑顔で締めくくりました。

最高の笑顔で、「へばなぁ(さようならぁ)」と、手を振りながら大合唱。楽しかったぁ!!!

最高の笑顔で手を振りながら、「へばなぁ(さようならぁ)」と、大合唱。楽しかったぁ!!!

楽しい交流授業だったことは、子供たちの表情でわかります。あの人も、あの子も、お友達になりたいな‥、という伝言も頼まれました。うん、喜んで伝書鳩になるよ。授業を準備して下さったいわさき小の青木先生、八幡小の三宅先生、そして技術指導をして下さった柳澤校長先生、本当にありがとうございました。

吉田町長から受け取った親書と共に記念撮影=深浦町役場で

吉田町長から受け取った親書と共に記念撮影=深浦町役場で

そして本日、吉田満・深浦町長より、屋久島町長に宛てた親書を預かってきました。地元紙と全国紙の記者が取材に来られていたので少し緊張しましたが、初めて入った町長の執務室で、重責を担うための儀式もきちんと済ませました。

まず、お世話になった観光課にあいさつ

まず、お世話になった観光課にあいさつ

町長さんの執務室に入るのは初めて‥。少し緊張気味でも、笑顔を絶やさない3人娘

町長さんの執務室に入るのは初めて‥。少し緊張気味でも、笑顔を絶やさない3人娘

「シノリガモを調査・観察した結果をしっかり報告します」、「ブナ林や青池など、深浦の良いところをアピールしてきたい」、「屋久島の子供に会えるのがほんとうに楽しみ。白神と屋久島の違いを見てきたい」と、決意を述べました。

すごいテーブル。あー、あの置物カッコイイ。役割も忘れてキョロキョロ

すごいテーブル!。あー、あの置物カッコイイ。役割も忘れてキョロキョロ

吉田町長の前で、一人ひとりが決意を述べます

町長の前で、一人ひとりが決意を述べた

吉田町長からは、「屋久島の自然と産業、観光などをしっかりと見て来てください。そして、世界自然遺産の町同士の架け橋になれるよう、頑張って下さい。期待しています」と激励を受けました。

私たちを屋久島へ行かせて下さって、ありがとうございます。頭を下げながら、町長にお礼の言葉をのべる

私たちを屋久島へ行かせて下さって、ありがとうございます。頭を下げながら、お礼の言葉をのべる

吉田町長より、町を代表して頑張って来てください、と激励される3人娘

町長より、町を代表して頑張って来てください、と激励される3人娘

最後に子供達から、「深浦に帰ってきたら、今回の交流会と屋久島の自然や人の事を報告できる場を作って下さい。私たちが、見て、歩いて、感じたことを町民の皆さまへ報告したいと考えています。よろしくお願いします」と町長に申しあげ、執務室を後にしました。

町長から親書を受け取る3人娘

町長から親書を受け取る3人娘

子供達が預かり、屋久島町長へ手渡す親書を見せて戴いた

子供達が、屋久島町長へ手渡す親書の中身を見せて戴いた

どんどん成長を続ける大間越三人娘は、いよいよ屋久島へ旅立ちます。みんな大張り切りで、移動中の車中でも、発表する内容の音読をしています。子供達にとって、初めての交流会。頑張ってきます。そして、ぜひ、良き成果を報告できますよう、皆さま、応援をお願い致します。

最後にがっちりとした握手を交わし、重責を担って屋久島へ。頑張れ、3人娘

最後にがっちりとした握手を交わし、重責を担って屋久島へ。頑張れ、3人娘