青森県深浦町の小さな集落     
●「鹿島(春日)祭」の神事:後編

「鹿島(春日)祭」の神事:後編

唇の紅を押さえて整える。いつものお転婆娘が影をひそめた、深浦町で

唇の紅を押さえて整える。いつものお転婆娘が影をひそめた、深浦町で

前編でお伝えした「春日祭」の神事です。地域の村祭りは、子どもたちにとっては一大イベントで、この日は学校もお休みです。小学生の女の子たちも、入念にお化粧して、大好きなお祭りに臨みます。

唇には紅を点し、おでこから鼻の頭にかけて白粉を塗る

唇には紅を点し、おでこから鼻の頭にかけて白粉を塗る

祭りの準備は、古い木造家屋の「青年会館」で、地区のお母さんや年配の女性が、子どもたちに着付けやお化粧を施します。ぼんやりと暗い室内で、子どもたちも真剣な表情。

お化粧すると、少しお姉さんになったかな

お化粧すると、少しお姉さんになったかな

つい先程まで、あどけない表情で笑っていました。

大声を上げて、はしゃぎ回ります。もう、誰も止められません

大声を上げて、はしゃぎ回ります。もう、誰も止められません

そう、思わせたのは一瞬でした。着付けが終わると、あっという間にいつもの元気な姿に逆戻り。

この子どもたちの笑顔と元気な姿が、過疎の集落に活気ある花を添えます

この子どもたちの笑顔と元気な姿が、過疎の集落に活気ある花を添えます

祭りの行列でも、先頭に立って、得意満面で太刀棒を振ります。

襦袢をたくし上げて、海の中へ

襦袢をたくし上げて、海の中へ

6月とは言え、まだ冷たい水が打ち寄せる北国の渚。そんなの、へっちゃらで海に水飛び込んで行きます

男衆が担ぐ神輿の下を弾ける笑顔で男の子が走り抜けます

男衆が担ぐ神輿の下を弾ける笑顔で駆け抜ける男の子

「コラー、危ない!」。神輿の下を男の子が駆け抜けて行きます。心配して戸惑いながらも、大人たちは皆んながホッコリと癒されています。

「できるもん!、早く太刀棒を渡して」と、急かす

「できるもん!、早く太刀棒を渡して」と、急かす

「ほら、これが太刀振りのお手本だよ」と、大人たちが実地訓練。青年の踊り手も減ってゆき、今は子どもが主役の祭りですが、大人も皆んなが楽しんでいます。

子どもたちが着る赤い襦袢のいわれは、記録などが残っていないためよく判らない

赤い襦袢を着て踊る子どもたち

行列がスタートした途端、全身を使って踊ります。子どもたちが着る赤い襦袢のいわれは、記録などが残っていないためよく判りません。ただ、医療技術が発達していない時代、青森県を始めとする東北地方の西海岸にも、伝染病である天然痘や赤痢が猛威を振るった、と記録に残っています。その当時、患者の衣類から調度、玩具にいたるまでを、すべて赤色ずくめにする風習があったそうです。それは、天然痘の発疹が赤いほど経過が良い、という理由だけでなく、痘瘡の鬼が赤色を嫌うことからきているとされてます。太古から、赤は魔除けに使われてきた習わしが、子どもたちに着せる襦袢に引き継がれているのかもしれません。

太刀振りの最中、あどけない坊やが真ん中を横切った

太刀振りの最中、あどけない坊やが真ん中を横切った

「危なぁーい」。お母さんが、大声を上げて、祭り衣装の坊やを追いかけます。太刀振りの最中、あどけない坊やが真ん中を横切りました

子どもたちの踊る姿を見るのがお年寄りたちの楽しみ

子どもたちの踊る姿を見るのがお年寄りたちの楽しみ

村の人たちが見守る前を皆んなで行進。子どもたちの踊る姿を見るのがお年寄りたちの励みになります。まさに祭りの花形です。

大人も負けじとはじける笑顔

神輿を担ぐ大人も負けじとはじける笑顔

神事がすべて終わって帰還。あとは一杯飲むだけ

神事がすべて終わって帰還。あとは一杯飲むだけ

大人たちも負けてはいません。春日丸を担ぎながら、沿道からの冷やかしの声?に、弾ける笑顔で応えます。皆んな祭りが大好き。それは、日々の仕事や暮らしの安全祈願であり、豊穣な実りや大漁を祈願する重要な神事でもあるからです。1984年(昭和59年)に青森県の無形文化財に指定されています。

祭りの度に、天然の杉を削って作られる

祭りの度に、天然の杉を削って作られる

鯔背な男衆の横に並べられた太刀棒には、参加者である持ち主の名前が書き込まれています。最後には、舟と一緒に海へ流します。

お母さんも、ついつい体が動いて、踊ってしまいます

お母さんも、ついつい体が動いて、踊ってしまいます

行列が舟宿に近づくと、その班の人たちが祭りの主役たちを出迎えます。昔は行列の中心で踊り、祭りを盛り上げる主役でした

舟流しを男衆が見物

舟流しを男衆が見物

漁協組合の男衆らも、浜で見物。皆んな、北国の厳しい海で網を引く、実直な働き者です。よく、お魚を戴くので、足を向けて寝られません(笑)。

神輿を担いでいた男衆に甘えて飛びつくワンちゃん

神輿を担いでいた男衆に甘えて飛びつくワンちゃん

華やかな祭りの行列に、ワンちゃんも大喜び。神輿を担いでいた男衆に、つい甘えて飛びついていました。

僕も踊りたーい

僕も踊りたーい

可愛い鉢巻き姿の赤ちゃんとお母さん。集落の人ではありませんが、笑顔で見物。

祭りを見物する中国人たち

祭りを見物する中国人たち

祭りをひと目みようと、出稼ぎの中国人労働者たちが、宿舎前に顔を出しました。参加者が履く雪駄を見て、「おしゃれー」と、興味津々でした。

皆んなで神輿の舟見物

皆んなで神輿の舟見物

舟宿に置かれた春日丸。今年の舟の出来はいかが?、と皆が集まってきます。「あの衣装は誰が繕ったの」、「顔の表情がいいね」、それぞれの感想を呟きながら。北国の初夏の日差しが暖かい、午後のひととき。

お年寄りらが祭り見物。みぎから二人目が地区の総代さん

お年寄りらが祭り見物。みぎから二人目が地区の総代さん

祭りの行列を待つ地区のお年寄りたち。右から2人目が総代さん。楽しみにしていた、待ちに待った瞬間です。

祭りの重要な脇役「おばあちゃん」らが神輿見物

祭りの重要な脇役「おばあちゃん」らが神輿見物

「私の若い時は、こうだった」、「それは何十年前?」。軽妙なやりとりに、笑顔が弾けるおばあちゃんたち。彼女らこそ、祭りを準備し、ご馳走を作り、着付けまでこなす、スーパーガールズ。戦争や出稼ぎなどで男衆が村を開けた時にも、この集落を支えてきた屋台骨でもありました。私たちにも、とても優しくて尊敬できるお母さんたちです。長生きしてくださいね。

拍手で行列を迎えるおばあちゃん

拍手で行列を迎えるおばあちゃん

子どもたちの行列を拍手で迎え、満面の笑みを見せるおばあちゃん。祭りが大好きだと、聞きました。

舟流しをする浜で、おばあちゃんが一人で祭りの行列を待っていました。浜で拾った薪を手押し車に満載にして

舟流しをする浜で、おばあちゃんが一人で祭りの行列を待っていました。浜で拾った薪を手押し車に満載にして

夕暮れ前、舟流しをする浜で、おばあちゃんが一人で祭りの行列を待っていました。浜に拾いに来た薪を手押し車に満載にして。深浦町の過疎と住民の高齢化は深刻です。私たちが暮らす地区も、限界集落に向けてまっしぐらに突き進んでいるのでしょう。若衆や子どもたちの数もどんどん減っており、地区にあった小学校は40年前に統廃合されてなくなりました。今は集落の大半が高齢者の暮らす住居となっています。そんな中でも、祭りは華やかに執り行われています。しかし、今後も安定的に継続できるかは、地区を上げての論議になっており、その行き先が心配です。

心優しいお母さんの満面の笑顔。飲み物が入ったバケツの前に陣取り、「ホレ、ビールがいいか酒か、それともジュース?。遠慮するな(笑)」

心優しいお母さんの満面の笑顔。飲み物が入ったバケツの前に陣取り、「ホレ、ビールがいいか酒か、それともジュース?。遠慮するな(笑)」

こうした集落では、私たちのような移住者は珍しく、最初は奇異な目で見られているなと感じることもありました。が、今では集落をあげて歓迎してくださっているのを実感できます。こんな良い人たちが暮らす村が、消えてしまうようなことになっては、心が痛いだけでは済まされません。写真を撮り、記録を残していくことでしか伝えることはできませんが、町と集落がまた昔のような活況を取り戻せるように、取材活動を続けていきたいと考えています。都会の皆さん、よければ遊びにおいでください。そして、祭りを体験するも一興ですよ。それで、ここが気に入ったら、私たちのように移住して来てくださいな。村を上げて大歓迎されますから。

仲良しコンビが笑顔でポーズ

仲良しコンビが笑顔でポーズ