みらいを紡ぐボランティア

ジャーナリスト・浜田哲二と学生によるボランティア活動

青森県深浦町の小さな集落     
学生ボランティアのページを作りました

学生ボランティアのページを作りました

このエントリーをはてなブックマークに追加

深浦町で実施した森林スタディキャンプで、別れを惜しむ地元の小学生(左)と都会の大学生

長らくご無沙汰してしまって、申し訳ありません。ホームページの内容を見て、嫌がらせをする方が出てきたため、しばらく書き込みを休んでいました。自分たちへの行為だけならいざ知らず、関係者へ迷惑を掛けられることに対策が見い出せなくて、手をこまねいていました。ようやく収まってきたようなので、また、再開いたします。

糸満市の壕の調査をするみらいを紡ぐボランティアのメンバーら

北海道にある沖縄戦戦没者の慰霊碑に、水を手向けるみらボラの学生

さて、書き込みを休んでいた時期に、さまざまな出来事がありました。伊勢親方の急逝。一緒に活動していた学生ボランティア団体との別れ‥、など。辛く、悲しい出来事ばかりが起きました。そして、執筆を担当している私が体調を壊し、難病になってしまいました。交通事故に遭って以来、ずっと不幸なことが続いています。

深浦町役場で活動の説明をする「みらボラ」の学生メンバーたち

深浦町での神事の終わりに草鞋を投げる大学生。一番高い梢に引っかければ良縁が訪れる

でも、お別れした学生団体の中から、私たちを慕って来てくれる子どもたちが何人かおり、その子たちが新しいボランティア組織を立ち上げてくれました。その名は「みらいを紡ぐボランティア」です。自分たちの活動内容や想いを未来へ引き継ぎたい、との発想から生まれたそうです。

みらボラのメンバーが主催した森林スタディ・キャンプで、ペットボトルを再利用したキャンドルナイトを開催した

都会と地元の大学生と地域の方々との交流事業

主に、戦没者の遺骨取集、地域おこし、環境保全などの取り組みを中心に頑張っていきたいと、宣言してくれています。涙が出るほど嬉しい。夫婦二人で続けている遺骨収集や遺留品返還の活動にも飛び込んできて、中心になって支えてくれると張り切っています。あの戦争を次の世代へ引き継ぐ難しさを痛感していた時期なので、この頼もしき学生たちを大いに期待して見守りたいです。

ご遺族へ約70年前のお手紙を返還する活動。学生が朗読する母(左端の遺影)の手紙の内容に涙するご遺族

感極まって涙する学生。でも、報告に澱みはない

よって、このホームページを学生たちにも開放しようと考えています。今までは、夫婦だけで執筆していましたが、今後は若き新しい息吹きが加わります。そして、これを機に、HPを復活させますので、皆さまの新たなご愛顧をお待ちしています。学生メンバーは、都会の大学生が中心ですが、青森県の学生も参加してくれていますので、その声もいずれは届けたいと考えています。

納骨堂でご遺族と一緒に手を合わせる学生たち

お手紙を返したご遺族宅で、戦没者の遺影を手にする甥御さん。涙と笑顔がこぼれる訪問劇

そして、今まで高校生として活動に参加してくれていた子たちが、社会人となって私たちを支えてくれるようになっています。そんなメンバーが新たな取り組みにチャレンジしています。その件も、いずれ公開いたしますので、期待してお待ちください。2018年は完全復活を目指して頑張ります。読者のみなさま、改めてよろしくお願い申し上げます。

戦没者が戦地から送った絵葉書を見る学生たち。切ないけど、かわいい内容に笑顔がこぼれる

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください